ネットで副業!在宅でできるパソコンを使う仕事7選

窓辺で働く女性

在宅でパソコンを使って副業ができたら最高だと思いませんか?

一昔前は、そんなことは夢物語に思えましたが、今はパソコンさえあれば、在宅でできる副業がたくさんあります。

しかも、内職のような安い賃金の仕事ではなく、会社員と同等かそれ以上の収入を得られる副業もたくさんあるんですよ。

今日は、そんなたくさんある副業の中から在宅でパソコンを使ってできるものを厳選して紹介します。

スキルがなくてもできる副業から、特殊なスキルを売る副業まで、幅広く紹介しますので、あなたにできる副業がきっと見つかるはずです。

パンダくん
パンダくん
子供の頃、僕のお母さんは内職でぬい物をしていたよ。
ライオンさん
ライオンさん
えっ、そうなの?
パンダくんも苦労したんだね。
(僕の母さんは造花を作ってたけど・・・)
パンダくん
パンダくん
でも、最近はパソコンを使って仕事ができるから、何だかカッコいいなあ。
ライオンさん
ライオンさん
そうだね。
それに、やり方しだいでは会社員よりずっと稼げるって言うしね。

在宅でできるパソコンを使う副業7選

数多くある副業の中から、在宅でパソコンを使ってできるものを7つ厳選しました。

ここで紹介する副業の選択基準は、以下のとおりです。

この記事で紹介する副業の選択基準

  1. 学歴や職歴に関係なく実践できる。
  2. 初期費用がほとんどかからない。
  3. 金銭的なリスクがない。
  4. スキルがなくても稼げる。
  5. スキルがあればもっと稼げる。

FXや株式投資、仮想通貨のような投資関連の副業は、最初に十分な資金を持っていなければ収入が少なくなりますし、金銭的なリスクが大きいので、この記事では紹介しません。

データ入力の仕事をする

在宅でできる副業の1つとして、データ入力があります。

データ入力とは、パソコンを使って文字を入力や数字する仕事です。
基本的に、ひたすら入力するだけなので、パソコンで入力できる人なら、誰でもすることができます。

データ入力の仕事は、「クラウドワークス」や「ランサーズ」など、「クラウドソーシング」を使うと簡単に見つけることができます。

「クラウドソーシング」とは、「仕事を依頼する側」(企業など)と「仕事を受注する側」(あなた)を結び付けてくれるサービスのことです。

クラウドソーシングの仕組み

たとえば、クラウドワークスで「データ入力」と入力して検索してみます。
すると、以下のように複数のデータ入力の仕事が見つかります。

データ入力の仕事

データ入力の仕事は在宅でできるので、会社員、主婦、学生など、誰でもすることができます。

仕事の種類はさまざまで、名刺を見て入力するだけの簡単な仕事から、少しだけ自分で文章を考えて入力する仕事まであります。

ほとんどのデータ入力の仕事は、パソコンで入力するだけなので、「仕事を通じてスキルアップする」ことは期待できませんが、黙々と仕事をするのが得意な人におすすめです。

⇒クラウドワークスの公式サイトはこちら
⇒ランサーズの公式サイトはこちら

転売をする

転売とは、中古商品を安く仕入れて高く売る仕事です。

仕入れて売るというシンプルなビジネスなので、特殊なスキルは必要ありません。
また、売れ筋の商品だけを選んで仕入れるようにすれば、赤字になることもありません。

このため、商売を始めてすぐに稼げる副業として人気があります。

握手

転売の仕事は、売れば売るだけ儲かるため、空き時間に気軽にやって月数万円くらい稼いでいる人から、本業として真剣にやって月100万円以上を稼いでいる人までいます。

ただし、仕入れ、販売、配送などの作業をしなければいけないので、たくさん稼ぐには、それだけ仕事の時間を増やす必要があります。

ですので、転売をしている人の中には、仕事の一部を外注に任せて、自分がする仕事を減らしている人もいます。

パンダくん
パンダくん
外注で働いてくれる人って、どうやって見つければいいの?
ライオンさん
ライオンさん
さっき紹介されていたクラウドワークスやランサーズを使ったら、簡単に見つけられるよ。

商品の仕入れや販売に使うのは、Yahooオークション、メルカリ、Amazonなどのサービスです。

yahooオークション

これらのサービスは、ほとんど無料で使えるため、転売を始めるための初期投資を最低限に抑えることができます。

また、たくさんの商品が出品されていて、大勢の買い手がいる人気のサービスなので、商品の仕入れと販売が楽にできます。

⇒メルカリの公式サイトはこちら
⇒Amazonの公式サイトはこちら
⇒Yahooオークションの公式サイトはこちら

イラストや写真、オーディオを販売する

イラストを描くのが得意だったり写真を撮るのが趣味だったりするなら、それらをネットで販売してお金を稼ぐことができます。

たとえば、 素材販売サイトのピクスタ(PIXTA)では、自分で撮った写真やイラスト、動画素材などを登録して販売することができます。

pixtaの販売ガイド
ピクスタ

あなたがPIXTAに登録したイラストや写真は、PIXTAでイラストや写真の素材を探している人の画面に表示されるようになります。
そして、あなた登録した素材が売れると、売り上げの一部を受け取ることができます。

ただし、PIXTAを通じて販売することになるため、仲介料として販売金額から一定の金額を引かれ、あなたが受け取るのは売り上げの22パーセントから58パーセントくらいになります。

そんなに中抜きされるのは損をしているような気がするかもしれませんが、大手の素材サイトPIXTAで紹介してもらえるというメリットは無視できません。

自分で素材を販売しようとすると、集客に大きな手間と時間、宣伝費がかかります。
また、メールでの問い合わせに対応する必要も出てきます。

でも、PIXTAを使うことで、そうした手間が一切なくなります。

また、自分で販売するよりたくさん売れる可能性があります。

それに、いったんPIXTAに素材を登録しておけば、お金の受け取りなどの処理はすべてPIXTAがやってくれるので、自分では何もする必要がありません。

ですので、登録した素材に人気が出てくれば、不労所得が手に入る可能性があります。

⇒PIXTAの公式サイトはこちら

イラストや写真ではなく、作曲したり効果音を作ったりするのが得意な場合は、そうしたオーディオ素材を売ることもできます。

たとえば、Audiostockを使うと、自作の楽曲や効果音、ボイスなどを登録して販売することができます。

audiostock

Audiostockでオーディオ素材を売る場合も、PIXTAと同様に、売り上げの一定割合をAudiostockに支払うことになり、あなたが受け取るのは売り上げの40パーセントくらいになります。

売り上げの60パーセントも中抜きされるのは残念な気はしますが、Audiostockのような集客力がある媒体で紹介してもらうと、自分のネットショップで売るよりたくさん売れます。

このため、最終的にはあなたの儲けは大きくなるはずです。

また、集客にかかる手間を考えると、集客はAudiostockに任せておいて、あなたは素材作りに集中した方が得策です。

Audiostockを活用して素材を販売しても、不労所得に近い収入が手に入る可能性があります。

⇒Audiostockの公式サイトはこちら

記事作成の仕事をする

記事作成の仕事とは、企業や個人事業主がブログやウェブサイトに掲載する記事を代筆する仕事です。

たとえば、ブログの記事を書きたいけれど、時間がないので誰か他の人に書いてもらいたい会社があるとします。

そんなときに、その会社に代わって記事を書くのが記事作成の仕事です。

記事作成の仕事は、「データ入力」の説明で紹介したクラウドソーシングの「ランサーズ」や「クラウドワークス」を使えば簡単に見つけることができます。

ランサーズの記事作成の仕事

ライティングの仕事は、案件によって料金の差が大きく、料金の安い仕事は1文字0.1円くらいから始まり、料金の高い仕事は1文字2円など、料金に数十倍の違いがあります。

これだけの料金差を生み出しているのは、ライティングスキルの違いです。
当然ながら、高いスキルを持っている人ほど高い報酬の仕事を受注することができます。

だから、1文字0.1円の仕事を受注している人がいる一方で、経験を積んだライターには、1文字5円以下では仕事を引き受けないという人もいます。

もしあなたに、記事作成の仕事をした経験がないのであれば、最初は安い料金の仕事から始めることになります。

でも、経験を積んでスキルアップすると、より条件のいい仕事を受注できるようになってきます。

⇒クラウドワークスの公式サイトはこちら
⇒ランサーズの公式サイトはこちら

記事作成の仕事は、お金儲けをしながらスキルアップできるため、パソコンを使う副業としてはおすすめの仕事の1つです。

システム開発をする

プログラミングのスキルを持っているなら、システム開発の副業ができます。

システム開発の仕事も、クラウドソーシングで見つけることができます。

試しに、ランサーズでシステム開発のジャンルを見てみると、以下の図のように、細分化されたメニューが表示されます。

システム開発

具体的にどんな仕事があるのか見てみると、以下のように開発の仕事がずら~っと表示されます。

システム開発

こうした開発の仕事はたくさんあるので、プログラミングのスキルを持っているなら挑戦してみるといいと思います。

スキルを売る

とにかく何でもいいので得意なことがあるなら、そのスキルを売って副業にすることができます。

ココナラを使えば、あなたが持っているスキルを、必要とする人に提供することでお金を稼ぐことができます。

ココナラ
ココナラ

たとえば、絵を描くのが得意なら、絵を描いてほしい人のために絵を描いてお金を受け取ることができます。

また、恋愛経験が豊富なら、恋愛相談をしたい人の相談相手になることができます。

こんなふうに、ココナラでは「えっ、そんなことも仕事になるの?」と思うようなことでも仕事として登録できるので、あなたにもできる仕事があるかもしれません。

⇒ココナラの公式サイトはこちら

ブログを書く

パソコンを使ってコツコツとブログを書くことでも、お金を稼ぐことができます。

より詳しく説明すると、大勢の読者が集まるようなブログを作り、そのブログに広告を貼っておきます。
そして広告収入を手に入れるという仕組みです。

ブログに貼る広告には、大きく分けて「アフィリエイト広告」と「アドセンス広告」があります。

アフィリエイト広告とは、ブログに貼った広告がクリックされて、商品が購入されたときに、報酬をもらえる広告のことです。

以下のような広告を見たことがあるのではないでしょうか?

アフィリエイトのバナー
アフィリエイト

一方、アドセンス広告とは、ブログに貼った広告がクリックされただけで、報酬をもらえる広告のことです。
商品が購入されなくても報酬をもらえます。

以下の図で赤い四角形に囲まれているのがアドセンス広告です。

アドセンス広告
アドセンス

アドセンス広告は、商品が購入されなくても報酬をもらえるので、アフィリエイトより難易度は低めです。

でも、アフィリエイトは商品が売れたときの報酬が大きいので、大きく稼ぐならアフィリエイトの方がおすすめです。

アフィリエイトとアドセンスの違い

アフィリエイト=広告がクリックされて商品が売れたら報酬が発生する⇒難易度高、報酬高
アドセンス=広告がクリックされたら報酬が発生する⇒難易度低、報酬低

アフィリエイトを真剣にやっている人には、1つのブログの広告収入から、月に数百万円の収入を手に入れている人たちもいます。

努力しだいで、会社員や主婦では絶対に手に入らないお金を稼げるのがアフィリエイトなのです。

パソコンと金貨

また、ブログを使った副業なら、不労所得を手に入れられる可能性もあります。

というのも、ブログを書き続けると、記事の数がどんどん増えてきますよね。

そして、ある程度の記事数になると、それ以降はあまり記事を書かなくても、大勢の読者が訪れてくれるようになります。

ここまでくると、ほとんど何もしなくても読者が集まり、広告収入を手に入れられるようになります。

そして、まるでインターネット上に自動販売機を持っているかのように、お金が入ってくるようになります。

パンダくん
パンダくん
インターネット上に自動販売機を持っているみたいって、何だか嘘くさくないかい?
ライオンさん
ライオンさん
確かに嘘くさく聞こえるよね。
でも、本当のことなんだよ。
ただし、しっかりしたブログを書いて読者を集めなきゃいけないんだよ。

ブログを使うアフィリエイトについては、以下の記事で詳しく説明しているので読んでください。

在宅でパソコンを使う副業ならおすすめはこれ!

ここまで、副業を探している人のために、在宅でパソコンを使ってできる仕事を紹介してきました。

この中で特におすすめなのは、ブログを使って広告収入を手に入れる仕事です。

その理由は、その他のほとんどの仕事は、働くのを止めたとたんに収入がなくなるけれど、ブログの場合は、記事の更新を止めても報酬が発生し続けるからです。

だから、ブログから得られる広告収入は、「不労所得」と呼んでも過言ではありません。

また、他にも以下のようなメリットがあります。

副業にブログを書くメリット

  1. パソコンが1台あれば誰でもできる。
  2. 特別なスキルはいらない。
  3. 匿名でできる。
  4. 初期費用がほとんどかからない。
  5. 空き時間を活用してできる。
  6. 自分のペースでできる。
  7. 金銭的なリスクがほとんどない。
  8. 月数万円から月数百万円まで、目標に応じてできる。
  9. 在宅でできる。

もちろん、「イラストや写真、オーディオを売る」でも不労所得は手に入りますが、金額の大きさを考えると、ブログアフィリエイトの比ではありません。

ですので、在宅でパソコンを使う副業をするなら、ブログアフィリエイトが断然おすすめです。

ブログアフィリエイトについて詳しくは、以下の記事を読んでください。

パンダとカタツムリ